石川県金沢市で選ばれ続けて50年の税理士事務所。公認会計士資格を持つ 30代若手税理士が節税、決算、確定申告、起業(独立開業・会社設立)をサポート。エムザ徒歩 3分、無料相談実施中。

クラウド会計導入サービス

どこからでもアクセス出来るクラウド会計について

freee近年、弥生会計などのインストール型会計ソフトに変わりクラウド会計の freee(フリー)やマネーフォワードが注目されています。

従来は、パソコンにインストールした会計ソフトを起動し、請求書・領収書をもとに作成したデータをハードディスク上に保存していました。

そのため、税理士がお客様のところへ伺いパソコンの中身を確認しに行くまで正確な数値はわからずまた、その 移動時間・旅費のコストもお客様に転嫁 されていました。

一方、クラウド会計では、パソコンで行っていた作業をすべてインターネット上のクラウドで実施します。

そのため、税理士がインターネットに接続すれば中身を確認でき経営者もタイムリーに正確な情報を知ることができます。

また、skypeなど用いてコミュニーションをとれば、移動コストが削減できる分、税理士もリーズナブルにサービスを提供できます

私たちは、freee認定アドバイザーおよびMF(マネーフォワード)クラウド公認メンバーの認定を受けており、効果的なクラウド会計導入診断・支援サービスを実施しています。

顧問先様に関しては、freee又はマネーフォワードの 導入支援を無料 で行わせていただきます。

クラウド会計の導入はお客様に対してメリットがあるだけでなく、私たちにとっても効率化につながるためです。

私たちはクラウド会計で スモールビジネスの間接業務を削減し、より本業に注力できる環境作りをサポートしています

以下のお悩みがある方はぜひお問い合わせください。
  • 経理業務の効率化のために、クラウド会計導入を検討したい
  • クラウド会計を導入したけれども、うまく使いこなせていない
  • 事業を始めるにあたって、自社にあった会計ソフトが知りたい
  • 顧問税理士がクラウド会計に対応してくれない

クラウド会計のメリット

  • 銀行口座やクレジットカードのデータの自動取込
  • クラウドサーバーにバックアップがあるため、データ消失リスクが低い
  • 弥生会計などで必要なアップデートが不要のため、ランニングコストが安い
  • Macでも利用可能
  • 複数人が同時に端末・場所を選ばずアクセス可能

クラウド会計のデメリット

  • 最新のクラウド会計に対応できる税理士事務所が少ない
  • 手入力が必要な場合に、手入力に特化した会計ソフトに比べると操作が遅い
  • ネットバンキングやクレジットカードの利用が少ない場合は手入力が増え時間がかかる

こんな方におすすめです

上記、クラウド会計についてのメリット・デメリットを検討された上で、インストール型の会計ソフトよりも魅力を感じる・興味があるという方は、お電話(076-262-0126)もしくは、お問い合わせフォーム からお気軽にお問合せください。弊所経由でfreeeに申し込めば1ヶ月無料クーポンが適用できます。

クラウド会計について問い合わせをする

お気軽にご相談ください! TEL 076-262-0126 受付時間:平日8:30〜17:30

PAGETOP
Copyright © 税理士法人 のむら会計 All Rights Reserved.