Pocket

特に理由がなくメガバンクや地方銀行に口座を持っている方は多いかと思います。
一方で、信用金庫には口座を持っていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

起業時の口座

起業時に「どこに口座を作るのが一番有利?」と聞かれることがありますので
疑問にお答えします。

口座を作る意味

そもそも、口座を作ることにどのような意味があるのでしょうか。
利用者の立場からすれば

「お金がない時に近くのATMから引き出せて便利」
「家にタンス預金をするのも何だか怖いし」

といった理由が多かったりします。
しかし、金融機関の立場からすると、全く意味合いが変わります。

金融機関は口座の入出金を見て
「預金者はどんな人か確認し、信頼できるかチェックする」
ということが、口座を作ってもらうことでできるのです。

つまり、起業家からすると

信用してもらって資金調達できそうなところ=口座を作るべきところ

となります。

メガバンク・地方銀行

起業時にはまずは資金調達が必要となります。
そのような際に残念ながら、よっぽどのコネがない限りは
メガバンクは相手にしてくれないでしょう。

起業 資金調達

メガバンクはそもそも
大企業や公務員、一流企業の勤め人のように安定している人しか相手にしていないからです。
起業時に資金調達のお願いをしても、メガバンクの立場からすれば
そもそも高収入で安定した人にしかお金を貸したくないという思いがある以上、
適当な扱いを受けるのが大半で、融資が下りるようなことは滅多にないでしょう。
起業時には最も口座を作るべきでない相手です。

地方銀行はどうでしょうか。
金沢で起業することを考えると、北國銀行や北陸銀行が対象となります。
この2行ですが、メガバンクほどではないにしろ
起業家が資金調達するにはハードルが高いです。
彼らもメガバンク同様、地元で1番という意識があるため
喜んで起業家を相手にするような立場ではないのです。
数年間は実績がある企業を対象に商売をしたいという思いがあります。

では起業する際はどこに口座を作ればいいのでしょうか?

正解は、信用金庫です。

信用金庫

起業家の資金調達に協力的なのはなんといっても地元の信用金庫です。
信用金庫は、そもそも地域の役に立つというミッションを持っているため
地元の起業家や中小企業がメインターゲットになっています。
起業する際に最適なパートナーは、地元の信用金庫です。

信用金庫をメイン口座とすることでコツコツ事業資金を貯めていき
その過程を信用金庫に見せることで、新たな融資も引き出せるのです。

また、事業の状況が思わしくない時もメガバンクや地方銀行より
信用金庫の方が有利です。

メガバンクは数値での審査が9割以上を占め
決算書の数値が悪ければ感情を挟まずに融資をこれ以上しないという選択をします。

一方で信用金庫は、地域に貢献することがミッションのため
メガバンクや地方銀行に比較して起業家よりの、ある意味少し緩い審査をしてくれます。
結果として、本当に苦しい時に起業家を助けてくれるのは信用金庫となります。

私自身、地方銀行と信用金庫、両方の会計監査をしていましたが
正直、信用金庫の方が企業を考えて優しい審査をしてくれます。
地方銀行に比べると利率が少し高いというデメリットもありますが
利率の差より、いざという時の資金ショートを避けれるよう
信用金庫に口座を作るのがよいでしょう。

まとめ

(誤った口座の選び方)

開業場所の近くにATMのあるメガバンクをメイン口座にする。

(正解の口座の選び方)

中小起業支援をミッションとする、信用金庫に口座を作る。

 

 

 

この記事を書いた人

野村 篤史税理士法人のむら会計 代表(公認会計士・税理士)
金沢で50年続いている会計事務所、税理士法人のむら会計を運営。
ITの知識・金融機関監査の経験を生かし
普通の税理士事務所+αのサービスを提供。

【著書・掲載実績】
図解でざっくり会計シリーズ2 退職給付会計の仕組み(中央経済社)
賢い節税で会社を強くする方法教えます(月刊経理ウーマン 特集ページ) 
Pocket